Blog

わたしが26年間、北海道、札幌にいる理由

2016.06.19

札幌ゲストハウス雪結(yuyu)のスタッフさき
こんばんは。
今日は自称・予約管理担当の、奥村 早紀子(おくむら さきこ)が書かせていただきます。
先日、SNSに漢字で名前を表記したところ、そういう漢字使うんだ、漢字だと別人みたいという声をもらいました。反応に困ります。笑
 
そんな私、なんと会社唯一の札幌生まれ札幌育ちなのです。
今回は札幌に抱いている想いを書いてみました。
熱い想いが溢れ出てしまい長くなっていますがお付き合いください。
 
 

わたしの紹介

冒頭にも少し書きましたが、私は会社唯一の札幌生まれ札幌育ちです。
 
そう、さっぽろっこです。
会社に道産子はいますが、さっぽろっこは私だけです。
厳密に言えば、母の実家 小樽で生まれましたがそれは頭の片隅にでもおいやってください。笑
(ちなみに父は東京の出身です。)
国内/海外旅行はちょくちょく行きましたが26年間 札幌市中央区と豊平区に潜んでいます。
 
そんな私、大学4年間の夏休みを利用してほぼ日本一周をしてきました。
 
高校時代の世界史の先生が言った一言がこの旅のきっかけとなりました。
 
「若いうちに旅にでろ」
 
ごもっともです。
当時の私は先生のこの一言にとても心打たれました。
 
「私、世界一周してやるっ!!」
 
そうして、大学1年生の夏休みに早速ベトナム一人旅を計画したのですが、親に猛反対されてしまったので、日本一周へとシフト。
 
各地をまわってきて、あ、ここなら住めると思った土地もありました。
 
だけど、旅を終えて帰宅したときに部屋から見えた、空の色。
 
外に出た時のまちのにおい。
 
おいしいごはん。
 
そんなことをひっくるめたらやっぱり私は北海道 札幌が好きだな、この好きを仕事にしたいな。
と、ふと思いついたのが旅で利用していたゲストハウスでした。
 
これなら私の好きを多くの人に広められる。
 
それが私がゲストハウスに興味を持ったきっかけです。
 
 

なんで札幌から出ないのか

ここ2-3年で多くの大人から言われた言葉です。
 
自分のやりたいことを模索していた時期に、札幌を離れて新しい土地で挑戦してきたらと助言してくれた友人もいました。
実際今一緒に働いている仲間は私以外、地元を離れて札幌にきています。
 
新しい土地で新しい挑戦をする。
 
文字だけみるととてもわくわく。だけど現実考えてみるとちょっとびくびく。
生まれてから今まで、ずっと札幌に居座っているのはなかなか一歩踏み出せない臆病者だからかもしれません。
 
でも挑戦はしたい。
 
それなら、
大好きな土地で、世界中の旅人にこの土地の良さと、相手のしたいことを結んでいくなんてどうかな。
これってある意味挑戦じゃん!
ものは考えようです。笑
 
臆病者と言われたらなにも言い返せませんが、私の最大の強みは北海道 札幌が好きということ。
旅人が北海道旅行のことを振り返ったときに、私がひょこっと頭の片隅に出てくる、そんな近い将来を想像しながら毎日ゲストとお話する。
いずれ、そのゲストがこういうおもしろいやつがここにいるよ、と、友だちに紹介する。
その人が泊まりにくる。 わたしがいる。
そこでまた札幌とゲストを結んでいく。
 
こんなに素敵な挑戦はないと思います。
 
だから、やっぱり私は札幌で働くことを決めたのです。
 
▲大好きな豊平川とビール
 
 

26年間 一緒に育ってきた札幌とわたし

今、札幌駅前にあるビックカメラは以前そごうデパートでした。
 
小さいころ、家族でお出かけしてデパートの中にあったディズニーストアに連れってってもらうのが最大の楽しみでした。
 
自分がわくわくした記憶のある場所がなくなってしまうのはさみしいなと思っていたのをうっすーらと覚えています。
 
札幌駅からすすきのまで繋がっている地下歩行空間も最近できました。
 
たくさんのものが当たり前ですが年々進化していきます。
 
 
小さいころディズニーストアでわくわくしたあのビルは、中学時代の遊び場所。
 
遊び場だった大通公園は、高校時代のちょっとほろ苦い思い出の場所。
 
通っていた中学校は、yuyuと同じエリア。
 
高校生のとき楽器を吹いていた河川敷は、今では仕事終わりの1杯の場所。
 
たくさんの思い出とともにわたしは札幌と一緒にすくすく育っています。
 
札幌ゲストハウス雪結(yuyu)のメンバーと山車をひきました▲yuyuのスタッフと創成川東地区のお祭りに参加
 
 

そしてゲストハウス雪結(yuyu)…

前の文章にも書いてありますが、実はyuyu周辺のエリアは私が通っていた中学校と同じエリアなのです。
中学生のときはそうでもなかったのに、今では創成川周辺はおしゃれなカフェ、おいしいご飯屋さんがたくさんあります。
 
そこで今は宿を立ち上げる一員となっている。
 
恩返しをしている気持ちです。胸熱です。まさにお祭りです。笑
 
すくすく育っている創成川イーストエリアに札幌と一緒にすくすく育ってきた私の力が注げる。
そして旅人に大好きな土地を紹介できる。
スタッフと旅人、旅人とyuyuの周りの人々、旅人と旅人、旅人と札幌…
たくさんの思い出を結んでいく。
 
何度もいうと嘘くさくなりますが、私はこの土地が好きです。
この好きを最大限に生かしてwayaとyuyuのファンを世界中にちりばめていきます。
そしてわたしはこれからwayaとyuyuと一緒にすくすく育っていきます。
 
さっ、今日も思い出を結んでこよーっと。
 

 
長くなってしまいました。
読んでいただきありがとうございます。
 
次は浜松から乗り込んできた奥田にバトンを渡します。
彼が今ここで頑張る理由、ゲストハウスに対する熱い想いを語ってくれるでしょう。
 
乞うご期待!

c2016 Staylink llc. All rights reserved