Blog

ゲストハウス立ち上げで大切にしていること。

2016.06.4

living

こんばんは。
ゲストハウス雪結(yuyu)マネージャーの木村です。
前回の記事を読んだ知人から、
「え、木村って広報だったの?」と、日頃から広報っぽさを出していないことが明るみに出てしまいました。なので、今後はyuyuのマネージャーと名乗るようにします。(笑)
 
まだ改築途中のyuyuですが、
皆さんに、もっとyuyuの立ち上げに関わる人たちのことを知っていただきたいので、
今回から、yuyu立ち上げスタッフの自己紹介をしていきます。
ただ自己紹介するだけではなく、yuyuのオープンに向けてスタッフそれぞれが日々考えていること、思っていることを共有することで、記事を目にした皆さんに少しでもyuyuを身近に感じてもらえたら嬉しいです。
 
 

ゲストハウス立ち上げは3回目

さて私、トップバッターとして考えました。
何が他のスタッフと違うのか。
読んでくれた方の記憶に残る最大の差別化ポイントはなにか。
 
・・・とうとう見つけました!
他のスタッフにはなくて自分にしかない最大の特徴。
 
それは、ゲストハウスの立ち上げが3回目だということです。
 
自分でも驚きです。(笑)
気がついたら毎年改築しています。
 
1回目が2014年のゲストハウスwaya!
2回目が2015年のゲストハウスwaya1階のバー&ゲストハウス!
そして3回目が今年のゲストハウスyuyuの改築!
 
さすがに3回目ともなると初期のころのフレッシュな気持ちはなくなるだろうなーと思いましたが、やってみると、立ち上げはやっぱり楽しいです。
燃えます。そして痩せます。(笑)
 
楽しさの度合いを表現すると、每日お祭りをしている感覚です。
お祭りって楽しいですよね。あの非日常感。
活気のある声、香ばしい匂い、人の熱気の感じられる時間。
特別な1日を、参加した人みんなで楽しむお祭りはやっぱりいいですよね。
 
 

ゲストハウス作りをお祭りに

実際に、私たちもゲストハウス改築のプロセスを「お祭り」にすることを大切にしてきました。
 
せっかく作るなら楽しみながらゲストハウスをつくりたい。
自分たちだけでなく多くの人とゲストハウスづくりの楽しさを共有したい。
 
wayaの立ち上げでは、延べ人数300人もの方々が改築に関わってくれました。
 
今でも時折、改築メンバーがwayaに遊びに来てくれます。
宿泊しているゲストに「ここの壁塗ったの私ですよ!」と、自慢気に話す姿を見て、なんだかほっこりしています。
 
みんなで改築して良かったなーと。
改築を通して、気軽に帰ってこれる場所ができる光景が、私たちの目指す1つの形でした。
 
過去の改築を通して気がついた、今でも大切にしている思いがあります。
 
それは、「お金の力では生み出せない、人の力で生み出したものは絶対にいいものになる」ことです。
 
目に見えない力というか、楽しかった空気感は空間に宿ると思っています。
ゼロから生み出すプロセスをどれだけ自分たちが楽しめるか、そして来てくれた人を楽しませるか。
 
ゲストハウスの立ち上げは、もはやエンターテイメント。
 
ということで、6月末からはじまる改築イベントぜひ来てくださいね。
 
次回は、札幌への移住組の1人、北川が書きます。
この人、都内のIT系の企業を辞めて札幌に移住して来ました。
お楽しみに。
 
最後まで、ありがとうございました!

c2016 Staylink llc. All rights reserved